SWOT分析でウェブ戦略の見直しを考える

自社ホームページの運用を含め、これからのウェブ戦略について考えるときに、SWOT分析は非常に役立ちます。SWOT分析という言葉を聞いたことはあるものの、使ったことがないという方も多いと思いますので、ASCII.jpデジタル用語辞典の解説を見てみましょう。

【SWOT分析】
組織を、「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の4つの軸から評価する手法のこと。企業戦略の立案時などに用いられる。「強み」「弱み」の軸は企業の内部要因であるとされ、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などについて分析が行なわれたうえで、それらが外部要因に対してどれほど力を発揮できるかが評価される。一方、「機会」「脅威」の軸は外部要因とされ、「経済状況」「技術革新」「規制」といったマクロ要因と「競業他社」「顧客」「ビジネスチャンス」といったミクロ要因についての分析が行なわれる。このような、内部要因と外部要因とをそれぞれ軸にした表を作成し分析することで、戦略の対処策を立案、実行することがSWOT分析である。

SWOT分析は、外部環境としての「機会」「脅威」、内部環境としての「強み」「弱み」までを幅広く捉える分析手法であるため、テーマを決めずに行うと分析範囲が広くなり過ぎて漠然とした結論しか導くことができません。会社全体の事業戦略を検討するときにSWOT分析を行ったときに、上手くいかないのはこのためです。

しかし、「自社ホームページを活用したウェブ戦略の在り方」という絞り込んだテーマでSWOT分析を行えば、慣れない方であっても意味のある結論を見出すことができると思います。

進め方としては、ウェブからの集客・成約を伸ばしていくという点に絞って、「機会」「脅威」に関する外部環境から分析していきましょう。
>自社を取り巻く環境はどのような現状にあるか。どのような変化があるか。
>他者はその現状・変化にどのように対応しているか。
>その現状・変化は、自社にどのような影響があるか。 ということについて調査し、考えることからスタートしてください。

次に、ウェブからの集客・成約を伸ばしていくという点に絞って、「強み」「弱み」という内部環境分析を行います。このとき、自社として注力していることを「強み」、していないことを「弱み」と捉えるのではなく、競合と比較したときの相対評価で「強み」「弱み」を分析することが重要です。

ここまで分析できたら、次に「機会」「脅威」「強み」「弱み」を掛け合わせたクロス分析を行っていきましょう。これが、最終的な分析となります。
>「機会」×「強み」
  強みを生かして、チャンスをつかむ具体策は?
>「機会」×「弱み」
  弱みを強化して、脅威をチャンスに変える方策は?
>「脅威」×「強み」
  強みを生かして、脅威をチャンスに変える取り組みは?
>「脅威」×「弱み」
  弱みから最悪の状況を招かないような対策は?

SWOT分析、クロス分析を進めていくことで、あなたの会社が今後取り組むべき方向が自ずと絞り込まれてきます。半年に一度程度、この分析を行うことができればウェブに対する取り組み方が変わり成果も出てきます。あきらめずに、進めていきましょう。

●インターネットからの反響アップ!
レインズCSV対応不動産ホームページRISE

●マンション売却査定の獲得アップ!
瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansion

●土地・一戸建て売却査定の獲得アップ!
瞬間査定不動産売却ホームページRISE estate