不動産ウェブマーケティングノート(News&Topics)

不動産ホームページ制作  > News&Topics  > スマートフォンからのアクセスがメインとなる時代

大阪・神戸・京都を中心に全国レインズに対応した不動産ホームページ制作

スマートフォンからのアクセスがメインとなる時代
2016年1月27日

スマートフォンが急速に普及したことにより、お客様のインターネット利用状況が大きく変化しています。
2012年には10%程度だったスマートフォンからのアクセスが、2016年にはPCからのアクセスを超え、60%に迫るまでに高まってきそうです。
少し前のデータになりますが、視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社のスマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView及びPC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewのデータによると、スマートフォンからのインターネット利用者数は2015年4月時点で4,832万人となり、5,000万人に迫る規模に成長しています。

2014年度の増加率は19%となり、2013年度の増加率41%と比較すると、そのスピードは鈍化していますが、現在も増え続けています。

一方、PCからのインターネット利用者数は同4月で5,100万人となり、2014年7月以降、横ばいが続いており、このペースで推移すると、2015年の終わりごろにはスマートフォンからのネット利用者がPCからの利用者を超える可能性があると考えられています。

2016年は、インターネットを利用するにあたってスマートフォンがメインとなる時代の幕開けであり、企業としては、スマートフォンでの視聴行動を把握し、どのタイミングで、どのような場所、方法を通してメッセージを伝えていくのかを真剣に考える必要がありそうです。

スマートフォンはスクリーンが小さいため、デザイン面でインパクトを与えることは難しくなります、結果として、写真・文章といったコンテンツそのものを重視する流れが強まると個人的には考えています。

また、操作や手続きが複雑なうWebサービスについては、アプリ化が進むことも予想されます。
スマートフォン対応を一歩先に進めることも、不動産会社としての差別化に繋がるのではないでしょうか・


●インターネットからの反響アップ!
レインズCSV対応不動産ホームページRISE

●マンション売却査定の獲得アップ!
瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansion

●土地・一戸建て売却査定の獲得アップ!
瞬間査定不動産売却ホームページRISE estate