不動産ウェブマーケティングノート(News&Topics)

不動産ホームページ制作  > News&Topics  > マイナス金利の導入で不動産マーケットに大きな影響発生か?

大阪・神戸・京都を中心に全国レインズに対応した不動産ホームページ制作

マイナス金利の導入で不動産マーケットに大きな影響発生か?
2016年1月31日

先週の金曜日(2016年1月29日)に、日銀はマイナス金利の導入を決定しました。ECB・スイス・デンマーク・スウェーデンの中銀に続いて、日銀も歴史的な決定を下したことになります。

マイナス金利の影響は、今後様々な方面に拡大していくことになりますが、もうすでに一部の投信会社ではMMFの新規申し込みを停止するなど、流れが変わり始めているようです。最も影響を受けるのは金融機関になりますが、不動産マーケットへの影響も非常に大きくなることが予想されています。

今後は、預金・債券・保険などの安全資産を保有しているだけでは、実質的に目減りしていく可能性が高くなるため、株式投資や不動産投資など、リスクのある運用を行う人が増えていきます。J-REITに大量の資金が流れ込むことを予想する専門家も目にするようになってきました。

不動産仲介の現場としては、住宅ローン金利の動向が気になるところです。住信SBIネット銀行は2016年2月からの住宅ローン金利を引き下げることを発表しており、どこまで下がっていくかが注目されます。

様々な点で仕組みが異なるため、ヨーロッパの一部の国のように住宅ローン金利がマイナスになることは考えにくい状況ですが、マイナス金利の幅が今後も拡大していくようなら限りなくゼロに近づくことも予想されます。

しかし一方で、短期的には金融機関の収益が悪化するため、利ざや確保のために住宅ローン金利を引き上げる可能性に言及する専門家もいて、前例のないマイナス金利政策に戸惑いが広がっています。

2月からの株式市場の状況を含め、マイナス金利が不動産マーケットに与える影響について、十分に注視する必要がありそうです。

●インターネットからの反響アップ!
レインズCSV対応不動産ホームページRISE

●マンション売却査定の獲得アップ!
瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansion

●土地・一戸建て売却査定の獲得アップ!
瞬間査定不動産売却ホームページRISE estate