不動産ウェブマーケティングノート(News&Topics)

不動産ホームページ制作  > News&Topics  > 自社ホームページからマンション売却査定を効果的に獲得する方法

大阪・神戸・京都を中心に全国レインズに対応した不動産ホームページ制作

自社ホームページからマンション売却査定を効果的に獲得する方法
2016年1月24日

「売りを制するものが、仲介を制する」という言葉があるように、売買仲介において
売却物件を獲得することは非常に重要な課題です。

“他社に物件情報を公開しない”“他社に広告させない”“商談中を名目に他社からの
お客様を拒否する”といった『物件情報の囲い込み』が増えている現状を踏まえると、
重要度は更に 高まっていくと思われます。

しかし、中小不動産会社にとって不動産売却の依頼を獲得することは、簡単なことではありません。
大手不動産会社が、マンパワーと資金力を駆使して「売り物件求む!」の新聞折込チラシや
ポスティングを週に3回、4回と行っている中、単発的に行っても、効果をあげることはできないからです。

それではホームページから売却依頼を獲得できるのか?というと、これも簡単ではありません。
不動産を購入する方は、物件を探す為に様々なホームページを訪れますが、不動産を売却する方は
各社のホームページを見て回る必要がありません。
結果として、不動産売却に関連するキーワードの検索数が少なく、不動産売却を検討している方に
情報を届けることができないのです。

それでも相場価格だけは気になるので、マンションなら『マンション名+相場価格』で検索したり、
一戸建て・土地なら『住所+物件種別+相場価格』で検索したりする傾向は強く見られます。
ホームページから売却依頼を獲得するためには、『マンション名+相場価格』『住所+物件種別+
相場価格』などで検索する売却見込み客を狙うしか方法はないのです。

ただ、物件情報を掲載しているだけのホームページでは、このような売却見込み客にリーチすることは
できません。『マンション名+相場価格』『住所+物件種別+相場価格』などのキーワードで検索しても
ページがヒットしないからです。

リージャスワークスでは、『マンション名+相場価格』の売却見込み客を効果的に発掘する
瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansion」というサイト制作サービスをご提供しています。

瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansionの効果的な使い方は下記の通りです。
1.マンション一棟ごとの物件情報を記載したマンションカタログページを自動作成
2.マンション名をキーワードにした低コストのリスティング広告で集客
3.簡単な項目を入力するだけで瞬間査定し、相場価格・買取価格を瞬間表示
4.瞬間査定が行なわれたマンション名、専有面積、所在階などの情報をメールで取得
5.当該マンションの当該階にピンポイントのポスティングを行うことで、他社よりも早くリーチ。

闇雲にポスティングを行っていては、マンパワーもコストもかかり過ぎて長続きしません。
瞬間査定機能+マンションカタログサイトとピンポイントのポスティングを組み合わせた手法が
現状では最も効果的です。
興味をお持ちいただいた方は、お気軽にお問い合わせください。

●インターネットからの反響アップ!
レインズCSV対応不動産ホームページRISE

●マンション売却査定の獲得アップ!
瞬間査定マンション売却ホームページRISE mansion

●土地・一戸建て売却査定の獲得アップ!
瞬間査定不動産売却ホームページRISE estate